医者の求人の選び方

お医者さんは一般的に職を探すということをネットではしないことのほうが、ほとんどであると思います。普通に就職活動をしてきた人たちと比べ、ネットやハローワークで求人を探すことには慣れていない、もしくは初めてだという方も多く、そこにまず、ハードルの高さを感じてしまい、転職をあきらめる方も多いようです。
通常、コネや紹介での移動を経験することが多いかとおもいますので、どうしていいかわからないという人も少なくはありません。
医者の求人に応募するにはまず、求人サイトに登録します。なかでも、一般的に知られているような求人サイトでなく、お医者様専用の求人サイトに登録します。そこには基本的な情報とともに、口コミであったり、病院への評価なども書かれていたりしますので、それを参考に、自分に合いそうな求人をピックアップします。
既に医療業界ではたらいていれば、ある程度の情報ももっているかと思いますので、それとあわせて検討し、よりよいところを選んでいきます。

 

医者の求人の注意点

医者はたいへん多くて余っている地域があれば,不足している地域もありますし,あまっている診療科目もあれば不足している診療科目もあります。どの地域に行っても医者が必要のない地域はありませんし,「先生」といって敬われる存在です。
そういう中で医者の求人に答える場合,まずはどの地域でも自分ができる診療科目ならやるようにしていくことが大切でしょう。ただ最初から自分一人で医院をもつことはせず大病院で研修のつもりで働き実力をつけていくことが大切でしょう。大病院だと重病から軽い症状の方や看護師などとの人間関係などいろいろなことが研修できるでしょう。ここで実力をつけ外科関係だとある程度手術もできるようになって一人で医院をもつとよいと思います。
ここまで力をつけてくると贅沢になる人も多いですが,田舎の無医地域に行ってがんばるのもよいと思います。これまでの人間関係と違った人間関係にも触れることもできて意外と住み心地がよいと思う方もいるかもしれません。医者でも仕事につけない人もいる時代です。こういう地域で人々のために尽くすのもよいかと思います。